「新たな静岡県立図書館を望む会」についてのお知らせ

「新たな静岡県立図書館を望む会」についてのお知らせ

ことのほかの暑い夏、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
さて、静岡図書館友の会は、県全体を視野に7月27日に設立した「新たな静岡県図書館を望む会」の立ち上げの呼びかけ人となり、活動を始めました。
図書館は、知の継承と知的財産の蓄積、情報発信センターとしての大事な役割があり、本好きの人、図書館利用者だけのものでなく、あらゆる立場の人にとって必要であるという考えから、今回は趣味の会、ボランティア、仕事関係など、あらゆる層に賛同の輪を広げたいと考えています。

会の目的等、詳しいことは以下の会則をご参照ください。要望書は7月29日の投稿にあります、

8月15日現在、皆様の熱いご支援を得て、83の団体にご賛同いただいています。
当初は、8月中旬には要望書を提出の予定でしたが、お盆を挟んだ夏ということなど諸事情により、提出時期は8月下旬から9月中旬をめどに、準備をすすめているところです。早い時期にご賛同いただいた皆様には大変申し訳ありませんが、提出が予定より遅くなることをご了解ください。また、賛同のお気持ちがある皆様には、8月20日ころまでは間に合いますので、さらなるご支援をよろしくお願い申し上げます。
静岡県立図書館の新館建設のまたとないチャンスを形にできるよう、皆さまのお力をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

                      2017年8月15日
静岡図書館友の会 代表 田中文雄

新たな静岡県立図書館を望む会 会則

第1条(会の目的) 本会は県民の意見を取り入れた新しい静岡県立図書館を実現するために活動する。
第2条(名称)   本会の名称は「新たな静岡県立図書館を望む会」とする。
第3条(事務局)  本会の事務局は事務局長宅に置く。
第4条(会員)   本会の目的に賛同する者。
第5条(役員)   本会に以下の役員を置く。
代表      1名
事務局長  1名
第6条(会の解散) 本会は会の目的を達成した時、もしくは会の代表が判断した時をもって解散する。

附則
この会則は、2017年(平成29年)7月27日から施行する。
代表           満井 義政
事務局長   静岡市葵区瀬名3-16-45  田中 文雄