新県立図書館について要望書を提出しました

3月26日 新たな静岡県立図書館を望む会の5人が静岡県教育部長と会見し、静岡県知事及び教育長宛ての要望書を手渡しました。

 

                                                                                                     2019年3月26 日
要望書

静岡県知事  川勝平太 様
静岡県教育長 木苗直秀 様
                                                                                  新たな静岡県立図書館を望む会
                                                                                                          代表 満井義政

 静岡県の図書館の振興にいつも深いご理解をいただき感謝申し上げます。新静岡県立図書館の建設につきましても、この度、基本計画が策定され、実現に一歩近づいたことを県民として喜ばしく思っています。
また、「新たな静岡県立図書館を望む会」が2017年6月と2018年9月に提出した要望にも、知事はじめ関係の皆様のご理解をいただき大変心強く思っているところです。
私どもは、さらによりよい新県立図書館が早期に実現することを願って、下記4項目を再度要望いたします。今まで同様の変わらぬご理解とご支援をお願い申し上げます。

                                                                 記

1 県民が望む新県立図書館を一日も早く開館すること。
・「文化の拠点」の他の施設に先行して、図書館を建設してください。

2 県民に対して直接責任を持つ教育委員会による直営体制を維持すること。
・図書館は法体系の中でも極めて公共性が高い教育機関と位置付けられ、図書館の独立性と教育機関としての公平性と中立性を保つことが不可欠です。
・これについては、公表されたパブリックコメントでも多数の県民の賛意が得られています。

3 多様化する県民のニーズに応えるため、基本計画の中で直営の根幹業務に挙げられている「選書」「レファレンス」「市町図書館支援」に「来館者サービス業務」を加えること。(別紙参照)

4 新しい図書館の規模と機能に見合った資料費増額と専門職員の増員を2020年度には実現すること。
・県立図書館として他県に誇れる蔵書構築のため資料費の増額が不可欠です。また、図書館の基幹業務の円滑な遂行と全体を俯瞰したチームワークによる図書館サービスの実現のため、規模に見合った正規職員の増員は準備段階から必須です。


連絡先 静岡図書館友の会 
代表 田中 文雄

(総務携帯)080-6910-9434
Eメールアドレス:sizutomo2008@yahoo.co.jp
HP http://shizutomo.sakura.ne.jp/

 

 

                                                                                                                                別紙
来館者サービス業務について
ここでいう「来館者サービス業務」とは、現県立中央図書館の「総合案内カウンターに於ける業務」を指します。当会では以下のように効率化し、外部委託することなく直営を維持することを提案します。

新県立図書館は来館者が大幅に増加することが見込まれます。

そのため、多くの来館者に適切かつ迅速に責任をもって対応できる来館者サービス業務が必要です。

図書館員は司書資格の有無だけではなく、その図書館に精通していることが求められます。外部委託では、長年の経験による知識の蓄積が望めません。

 

知事・教育長あて要望書PDF

知事・教育長あて要望書別紙資料PDF

 

 

 

静岡市市長選立候補者に公開質問状の回答を頂きました

静岡市市長選立候補者への公開質問状のご回答をお知らせします  ~回答到着順~               

今後の図書館行政について下記の点についてのお考えをお聞かせください。

1.「自治体の文化のバロメーター」と言われる図書館ですが、静岡市の文化・教育行政に於いての位置づけについてお聞かせください。

天野進吾氏・・静岡市の文化・教育行政の拠点として「図書館」は最も重要な拠点施設である。「本離れ」が指摘されて以来、読書に親しむ環境を如何に整えていくか。又、ITを活用した利用しやすい整備も積極的に取り組んでいく必要があると考える。

林 克氏・・図書館は、市民の知る権利を保障する重要な「公の施設」。情報社会である今日において、市民の情報へのアクセスが高ければ高いほど、文化的なバロメーターが高いと考えます。

田辺信宏氏・・教育分野の最上位計画である「第2期静岡市教育振興基本計画」において、誰もが生涯学び続けられる環境の確保の為の施策として「図書館の充実」を位置づけています。また、皆様もご存知のとおり「知る自由を守る図書館」、「市民の暮らしや仕事、まちづくりに役立つ図書館」、「学びを通してさまざまな個性が育つことを助ける図書館」の三つを静岡市立図書館の使命としており、この使命を果たすべく図書館行政を推進してまいります。

 

2.図書館運営に必要な専門性と継続性を保障するために直営での運営を継続していただけますか?

天野進吾氏・・運営の直営の継続は重要な観点であると考える。

  市民が親しめる図書館を継続するには運営費の確保が不可欠である。更なるサービス向上に向けて、拡充施策の取り組みも検討すべきと考える。

林 克氏・・もちろん直営を堅持し、同時に職員の働く人の専門性を高める司書の専門職化や、非正規の専門性・継続性が保障される施策をします(公約1「働く人を大切にする街」参照)。

田辺信宏氏・・近年では全国各地でさまざまな経営手法による図書館運営が試みられていますが、静岡市においては直営による図書館運営を継続していきます。

 

3.静岡市の図書館が作成した「静岡市立図書館の使命、目的とサービス方針」(別紙)は、私たち市民の誇りとするものです。「図書館の自由の宣言」と共に市内の各館にこの文面が掲示されています。この方針についてご理解とご支持をいただけるでしょうか。ご感想、お考えをお聞かせください。 

天野進吾氏・・上記方針についてはその理念を尊重し、運営に反映していく事が重要である。私のスローガンである「誇り高きまち静岡の実現」は「有徳」の理念に基づいた市民を育み、郷土を愛し、地域を築く誇り高き市民によって構築されていかなければならない、と考えます。「図書館の自由の宣言」を全面的に支持し、その推進に努めていきます。

林 克氏・・理解し、支持します。図書館の使命、目的、サービスを定めた方針でかなりレベルの高いものと考えます。これに沿った運営を心がけていきたいと思います。

田辺信宏氏・・「静岡市立図書館の使命、目的とサービス方針」および「図書館の自由の宣言」は、静岡市が図書館行政先進都市であるための大切な証として、大切にしていきたいと考えています。静岡市の図書館が、引き続き高い専門性を維持し、利用者満足度の高いサービスを提供できるよう努めてまいります。

以上

新県立図書館の基本計画案パブリックコメントについて

新県立図書館の基本計画案パブリックコメントに出された意見と回答が㋁29日に社会教育課HPにて発表されましたのでお知らせします。

「 静岡県 社会教育の扉」にアップされています。下記URLをクリックしてみてください。

https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-080/tosyokan/20180202.html

 

県民の関心の高さが伝わってきます。今後の方向に活かされるよう、さらに注目していきたいと思います。

静岡新聞1月23日朝刊4面に新静岡県立図書館基本計画案について募集したパブリックコメントの報告記事が掲載されました

記事見出しには「意見募集に100件超」「直営望ましい」の声、とあり

 

・管理運営に関するものが多く「市町村図書館支援の役割を担う県立図書館は直営が望ましい」「専門性の高い司書を」との声があった。

 ・県によると2017年度に行ったパブコメ意見は、平均19.5件で、このパブコメ数は県民の関心の高さがうかがえる。

 ・民間委託を求める意見や、移転反対の意見はなかった。

 ・書庫の一部公開について疑問を呈する意見や「ふじのくにのことなら何でもわかる図書館」についてどのような資料を置くのかが不明瞭という意見もあった。

 ・県教委は、2月中にパブコメの結果を公表し、3月に計画を策定する。担当者は「意見の多さは図書館への期待の表れ。意見を役立てたい」と話した。

 

というような内容が記載されています。

 

ご協力いただいた方には心から感謝致します。これからも経過を見守り、関心を寄せてきます。

新年 あけましておめでとうございます

昨年は当会の活動にご理解ご協力を戴きありがとうございます

本年もどうぞ宜しくお願い致します

県では新県立中央図書館の基本計画案について、パブリックコメント(意見募集)を実施しています。

12月の投稿にありますように〆切の1/15までに多くの皆さまに声を届けて戴きたくお願い申し上げます。

新県立中央図書館基本計画案についての意見募集

新たな静岡県立図書館を望む会の活動をご支援してくださる皆様

今日12月18日の静岡新聞4面に「新中央図書館意見募る」の題で新県立中央図書館の基本計画案について、パブリックコメント(意見募集)を実施する、とありました。
記事に「 運営について、選書など根幹機能は直営を軸に進め、全体として民間のノウハウを取り入れると明記した」とありました。
図書館は全体を見渡し、トータルして運営するもので、細分化して民と官に分けて運営するのは非効率的で、将来的に、全体像が分かる職員がいなくなります。
また、民営化の問題点があちこちの自治体で起きていることもふまえ、市町の図書館の支援という大事な役割も持つ県立図書館は、しっかりと直営でやっていただきたいと考えます。

当会では
1・専門性と公共性と継続性が保証されるよう今まで通り教育委員会の直営で運営
2・資料費や人件費の確保
3・早期建設
と考えています。

意見募集の受付期間は12月18日から来年1月15日までの 短期間ですが、どのような県立図書館を望むか、県民の意見が大きな力になります。多くの声を届けることが方向を決めますので、是非、パブリックコメントにご応募いただきたくお願い申し上げます。

新たな静岡県立図書館を望む会 代表 満井 義政
事務局 静岡図書館友の会   代表 田中 文雄

詳細は下記の静岡県HPをご確認ください。
http://www2.pref.shizuoka.jp/all/shingi.nsf/pc_sosiki/55087A2B862BA14649258343001CD439

※参考までに
新たな静岡県立図書館を望む会が2018年9月11日に提出した要望書は下記のとおりです。http://shizutomo.sakura.ne.jp/other/1059/

 

「新たな静岡県立図書館を望む会」の要望書にご賛同いただきました皆様へ

昨年9月、県知事、県議会議長への要望書提出に際しましては、ご賛同いただき、ありがとうございました。

今年も早、12月となりましたので、その後の「新たな静岡県立図書館を望む会」の活動につて、簡単にですが、ご報告します。

まず、「新たな静岡県立図書館を考える講演会」は県立中央図書館を会場に3回開催しました。

1回目は2月4日、全国各地で図書館設計を手掛ける建築家の寺田芳朗氏の「新しい図書館ができるまで~施設計画の視点から~」

2回目は5月20日、鳥取県で片山善博知事の元、県教育長を務めた中永廣樹氏の「地域づくり・人づくりと図書館の役割」

3回目は9月29日、北欧をはじめ、海外の図書館事情にも詳しい筑波大学教授の吉田右子氏の「真のにぎわいを生む北欧の公共図書館」です。

ともに、非常に示唆に富んだ講演会となり、参加者からも好評でした。

今年9月には昨年9月の要望書の3項目の要望の中から、教育委員会による直営体制の維持と専門職員の増員及び資料費の増額について、改めて知事と県議会議長に要望書を提出しました。

さらに、県教育委員会の教育長と教育部長にもお会いし、私達の考えを伝えました。

今後、どのように展開していくのか、分からない中、私達は「県教育委員会による直営体制の維持」の実現に向かって、進んでいきます。なにとぞ、今まで同様、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

2018年12月8日

                    新たな静岡県立図書館を望む会

代表 満井 義政