県知事選立候補者への公開質問状の回答について

 先日お伝えしました静岡県知事選挙立候補者への公開質問状に対し、

お二人より回答が届きましたので転載いたします。

 

溝口紀子氏の回答

回答書PDFはこちら → 溝口氏回答

 

Q.1  図書館は「自治体の文化のバロメーター」と言われていますが、静岡県の文化・教育行政に於ける

  図の位置づけは、どのようなものであるべきとお考えですか。お聞かせください。

A.1 図書館は県の文化・教育行政の基盤であると考えます。人類が蓄積した文化の集積ともいえる図書資

  料を、 収集・活用・保存する図書館の機能は極めて重要です。特に、県民の生涯学習を支え、市町図

  書館を支援する県立図書館の役割を、県政の中でも最大限尊重していきたいと考えます。そのことに

  より、文化や教育行政そして県民の暮らしが充実発展する好循環にもつながると思います。

 

Q.2 静岡県立図書館は、直営の運営体制を堅持し、県民に充実したサービスを提供しています。専門性と

  知財産を次世代に継続できる直営体制を今後も続けていただけますか。

A.2    本来、図書館は利用者の幅広いニーズに応え得る高い専門性に裏づけられている必要があります。そ

  のためには、職員の資質や財政措置の確保が不可欠です。中心的な県立図書館こそ「直営体制」を維持

  し、図書館サービスの充実を確保すべきと考えます。

 

Q.3 県内の市町図書館への支援、他機関とのネットワーク、ユニバーサルデザインについてのビジョンを

  おかせください。

A.3  私の勤務した静岡文化芸術大学においても市民への図書館解放や他図書館とのネットワークを推進し

  ていました。すべての図書館は閉ざされてはならず公開・連携が基本です。特に県立図書館は高度な専

  門性を確保しつつ、他館への支援やネットワークの構築、多文化サービス等の拡充をすべきと考えます。

  それが県民の幸福や豊かさにもつながると確信します。

      

Q.4 今後の新館建設計画についてのビジョンをお聞かせください。

A.4 県民の生活を多面的に支えるためにハード・ソフトの両面で県立図書館にふさわしい「新館建設計画」

  を進めるべきで、拙速に取り組まず、じっくりと勉強し、議論を重ねたいと思います。

        ビジョンの核として、県民の

   〇文化拠点、学習拠点、情報拠点(そして、くつろぎの拠点)

   〇生活支援(県民は今日、様々な生活課題に直面しています)

   〇行政やビジネスとの連携と支援

         を掲げ、そのための専門性の確保と市町・大学等図書館との連携を計画の基礎に位置付けたいと考え

  ています。

 

川勝平太氏の回答 

回答書PDFはこちら → 川勝氏回答

 

Q.1  図書館は「自治体の文化のバロメーター」と言われていますが、静岡県の文化・教育行政に於ける

  図の位置づけは、どのようなものであるべきとお考えですか。お聞かせください。

A.1 本県においては、図書館行政は、教育委員会が所轄しています。

     私は、図書館が“ふじのくに”静岡県の文化や経済など、県民のあらゆる活動を支えその発展に寄与

  す重要な知的基盤であるべきと考えています。具体的には、県民の自立的な判断を支えるとともに、

  生涯学習や読書活の拠点であるとの位置づけの下、整備・運営されるべきです。

 

Q.2 静岡県立図書館は、直営の運営体制を堅持し、県民に充実したサービスを提供しています。専門性と

  知財産を次世代に継続できる直営体制を今後も続けていただけますか。

A.2  県立図書館は、市町立図書館等に対する支援・指導や、県民のニーズに対応した専門性の高いレファ

  レス(調査相談)サービスなどが、重要な機能として期待されています。今後とも、県民サービスの

  向上を目指し運営体制を含む不断の見直しに取り組むことが必要ですが、現時点では、県の直営体制

  が基本と考えます。

 

Q.3 県内の市町図書館への支援、他機関とのネットワーク、ユニバーサルデザインについてのビジョンを

  おかせください。

A.3  県立図書館にとって最も重要な役割の一つは、市町立図書館への支援です。今後も人的・物的な支援

  を通じて町立図書館のを振興を図ることが必要と考えます。

     また、県全体の知的基盤の向上を目指す上では、資料の収集や活用などの面における他機関との連携

  が今後すます重要になります。

      図書館は県民誰もが利用することができる生涯学習や読書活動の拠点であることから、ソフト・ハー

  ドの両ユニバーサルな環境を整備する必要があります。

 

Q.4 今後の新館建設計画についてのビジョンをお聞かせください。

A.4 現在の施設は建築から48年が経過し、老朽化・狭隘化への対応が喫緊の課題となっております。ま

  た、間に図書館を取り巻く環境も大きく変化しております。このため、教育委員会では現在、県民

  にとって最適書館のあり方を検討しているところです。県立図書館は、本県の文化・教育行政の基盤

  を担う機関として最な施設であることから、私としても、木苗教育長をはじめとする県教育委員会

  の皆様と連携して、東静岡駅南県有地に整備検討を進めている「文化力の拠点」施設への導入も含め、

  新たな図書館の整備を早期に進めたいと考えております。