静岡市市長選立候補者に公開質問状の回答を頂きました

静岡市市長選立候補者への公開質問状のご回答をお知らせします  ~回答到着順~               

今後の図書館行政について下記の点についてのお考えをお聞かせください。

1.「自治体の文化のバロメーター」と言われる図書館ですが、静岡市の文化・教育行政に於いての位置づけについてお聞かせください。

天野進吾氏・・静岡市の文化・教育行政の拠点として「図書館」は最も重要な拠点施設である。「本離れ」が指摘されて以来、読書に親しむ環境を如何に整えていくか。又、ITを活用した利用しやすい整備も積極的に取り組んでいく必要があると考える。

林 克氏・・図書館は、市民の知る権利を保障する重要な「公の施設」。情報社会である今日において、市民の情報へのアクセスが高ければ高いほど、文化的なバロメーターが高いと考えます。

田辺信宏氏・・教育分野の最上位計画である「第2期静岡市教育振興基本計画」において、誰もが生涯学び続けられる環境の確保の為の施策として「図書館の充実」を位置づけています。また、皆様もご存知のとおり「知る自由を守る図書館」、「市民の暮らしや仕事、まちづくりに役立つ図書館」、「学びを通してさまざまな個性が育つことを助ける図書館」の三つを静岡市立図書館の使命としており、この使命を果たすべく図書館行政を推進してまいります。

 

2.図書館運営に必要な専門性と継続性を保障するために直営での運営を継続していただけますか?

天野進吾氏・・運営の直営の継続は重要な観点であると考える。

  市民が親しめる図書館を継続するには運営費の確保が不可欠である。更なるサービス向上に向けて、拡充施策の取り組みも検討すべきと考える。

林 克氏・・もちろん直営を堅持し、同時に職員の働く人の専門性を高める司書の専門職化や、非正規の専門性・継続性が保障される施策をします(公約1「働く人を大切にする街」参照)。

田辺信宏氏・・近年では全国各地でさまざまな経営手法による図書館運営が試みられていますが、静岡市においては直営による図書館運営を継続していきます。

 

3.静岡市の図書館が作成した「静岡市立図書館の使命、目的とサービス方針」(別紙)は、私たち市民の誇りとするものです。「図書館の自由の宣言」と共に市内の各館にこの文面が掲示されています。この方針についてご理解とご支持をいただけるでしょうか。ご感想、お考えをお聞かせください。 

天野進吾氏・・上記方針についてはその理念を尊重し、運営に反映していく事が重要である。私のスローガンである「誇り高きまち静岡の実現」は「有徳」の理念に基づいた市民を育み、郷土を愛し、地域を築く誇り高き市民によって構築されていかなければならない、と考えます。「図書館の自由の宣言」を全面的に支持し、その推進に努めていきます。

林 克氏・・理解し、支持します。図書館の使命、目的、サービスを定めた方針でかなりレベルの高いものと考えます。これに沿った運営を心がけていきたいと思います。

田辺信宏氏・・「静岡市立図書館の使命、目的とサービス方針」および「図書館の自由の宣言」は、静岡市が図書館行政先進都市であるための大切な証として、大切にしていきたいと考えています。静岡市の図書館が、引き続き高い専門性を維持し、利用者満足度の高いサービスを提供できるよう努めてまいります。

以上